袋大好きはビニール袋、ポリ袋などオリジナル袋印刷の専門店です。

袋大好き

袋大好き トップページ>素材について

素材について

ポリ袋の素材(生地) 「ポリ袋」はポリエチレンフィルムで出来ています。一般的に「ビニール袋」と呼ばれているものも、その大半は実はポリエチレン製のポリ袋です。燃焼時に有害ガスが発生するビニール袋(塩化ビニール)と異なり、ポリエチレンは焼却しても水と炭酸ガスになり無害です。又、「再生原料」としてリサイクルも可能な素材です。

ポリ袋の素材(生地)

LDPE(低密度ポリエチレン)

LDPEとはLow Density Polyethyleneの頭文字で、「低密度ポリエチレン」の事です。通称はローデン。表面がなめらかで柔軟性に富み、光沢のある素材です。柔らかな質感ですので、HDPEのようにシャリシャリと音が鳴らず、様々な用途に使用されます。又、よく伸びて突き刺し強度にも優れています。

HDPE(高密度ポリエチレン)

HDPEとはHigh Density Polyethyleneの頭文字で、「高密度ポリエチレン」の事です。通称はハイデン。ローデンと比べると透明度は劣りますが、強度に優れています。質感はシャリシャリしており、やや硬めの素材です。薄くても丈夫なため価格を抑えることが可能で、耐久性や耐熱性に優れ、レジ袋の素材として多用されます。

梨地

特性は、基本的にローデンと同じです。LDPEの表面に梨地エンボス加工をしたもので、マット調のソフトな質感です。高級感がありますので、アパレルショップなどの定番素材です。見た目同様、価格もやや高めになります。

発泡ポリエチレン

LDPEを製造する際に、発泡剤(膨らます素材)を加えて加工した生地です。表面の光沢は少なく、厚みがあり高級感があります。ボリューム感のある柔らかな商品に適しています。